ぴよログ

↓に移転したのでこっちは更新されません、多分。

【追記有】Unityの開発環境がひどい!脱MonoDevelop。SublimeTextおすすめ

移転しました →

追記ここから

2014/06/23現在、少しまともになっています→MonoDevelopがバージョン4になって割とまともになった…! - PILOG

追記おわり

Unity使い始めました。なんなんですかこれ。 MonoDevelopは重いし日本語周りが全然まともに使えない上、右クリックメニューに至っては何も文字がない…!ww

エンジンはすごいんでしょうけど。

このままだとまともに触る気も起きなくなりそうなので早いタイミングでSublimeText2のエコシステムになんとかしてもらうことにしました。

インストールしたプラグイン

Unity関係

Unity3D

シンタックスハイライト

Unity3D Build System

ビルド(後述)

Unity3D Script Referenece Search

ソースからリファレンスに飛べます。

Unity3D Snippets and Completes

Unityのスニペットと補完

それ以外

CompleteSharp

前述の補完のために必要(のはず)です。

AutoRunner

ソースコードを自動的にフォーマットする拡張です。詳細は次のリンク。

c# - Sublime Text2にフォーマッタを導入する - Qiita [キータ]

各種設定

Unityの外部EditorをSublimeにする

Unity Preferences -> External Tools -> External Script Editor をSublime Text2にします。

補完のためにプロジェクト作成

c# - CompleteSharpでUnityスクリプトの補完方法 - Qiita [キータ]

Unity3D Build Systemを使うには

MonoDevelopを一切使わない場合コマンドキー+Bで動くビルドコマンドが失敗します。

'xxxxx-csharp.sln' not found.

Sublimeのコンソールにこんなエラーが表示されます。MonoDevelopで開いたときに作られるslnファイルがないって言われてるんですね。External Script Editorの設定を戻してMonoDevelopでファイルを開いたりしなくても、slnファイルを生成することができます。

Unityをアクティブにし、Assets -> Sync MonoDevelop Projectを実行するだけ。これでSublimeからUnityプロジェクトをビルドすることができます。

(Sublimeとは関係ないけど)保存形式を変更する

Unityのデフォルトではいろいろなファイルがバイナリで保存されてしまいます。バイナリだと差分をとったりマージしたりという複数人体制での開発で絶対に必要なプロセスがまったく効かないのですぐに困ります。

幸いテキストベース(YAML)で保存できるようなのでそちら変更しておきましょう。

UnityのメニューでEdit->Project Settings->Editor->Asset SerializationをForce Textにしましょう。

さあUnityチュートリアル

広告を非表示にする