ぴよログ

↓に移転したのでこっちは更新されません、多分。

Mac OS XでWiFiの強度を調べるコマンド

移転しました →

Mac OS Xのプライベートフレームワークにairportというコマンドが含まれていて、このコマンドを使うとWiFiの強度をRSSIという数値で取ることができます。スクリプト言語なんかと組み合わせると多少遊べるかもしれません。

airport – the Little Known Command Line Wireless Utility

screenshot

RSSIとは

RSSIは受信信号強度のことで携帯の電波何本みたいなもん。

Lifelog (屋内編(1) 置き場所やアンテナ角度で感度アップ!:無線LANの新常識)からの引用ですが、RSSIの数値を体感に直すとこんなもんらしいです。

RSSI電波の強さ
-39dBm以上かなり強い
-49〜-40dBm強い
-59〜-50dBm普通
-79〜-60dBm弱い
-80dBm以下接続しにくい

定期的にWiFi強度を出力するRubyプログラム

受信している全てのWiFiの電波のRSSIとSSID、BSSIDを電波が強い順に書き出すプログラムを作ってみました。Macを持って移動しながら電波の強い場所を探したりするのに少しは役に立つと思います。

広告を非表示にする