ぴよログ

↓に移転したのでこっちは更新されません、多分。

Emacsで開いているバッファを順次移動するelisp

移転しました →

Emacsのバッファ移動にはhelmとかを使っていろいろやっているんだけど、その中でもC-,C-.で前後のバッファを順次移動するっていうシンプルなelispもヘビーユースしている。パッケージにはなっていないっぽいのでelispのコードをそのまま設定ファイルに書いて使っている。

それがこちら。

[emacs 21] バッファ移動を簡単に(バッファリスト表示付き)

この機能はウェブブラウザのタブ移動に似ている。Ctrl+Tabで次々に右側のタブに移動できるし、Shift+Ctrl+Tabで左側のタブに移動できたりするあれだ。このelispを入れるとそれに近いことがC-,C-.でできるようになり、ちょっとしたバッファ変更に便利だ。

ちなみにこのコードは10年近く前のコードみたいだけどきちんと動いている。僕も2006年ぐらいから使わせてもらっている。ってことを思い出したので書いてみました。

広告を非表示にする