ぴよログ

↓に移転したのでこっちは更新されません、多分。

Windows用ランチャー&スイッチャー Columbus

移転しました →

Macを使っているときはランチャーにAlfred、よく使うアプリケーションをアクティブにするのにはSnapを使っている。

Snapはこちらを参照。

ホットキーで指定したアプリを起動・アクティブにできるMacアプリSnap - PILOG

また、Windows環境でのランチャーにはbluewindを使っている。

Windows8でランチャソフトbluewindの呼び出しキーを変更する - PILOG

で、WindowsでもSnapのように一発で目的のアプリケーションに切り替えるためのソフトを探していたんだけど、検索してもみつかるのはAlt+Tabでのウィンドウ切替の話ばかり。ようやく見つけたのがColumbusというソフト。

Columbus - a fast program launcher and focus switcher - Scripts - AutoHotkey Community

どうやら公式サイトなどはないようなので自己判断で使ってもらう必要があるけど、使い勝手はかなり便利だった。

Ctrl+Alt+pMacでいうスポットライトのようなアプリケーションランチャーがポップアップする。bluewindと違って自分で登録する必要がないのでbluewindユーザーでも使いようがあるかもしれない。

で、スイッチャーのほうだけど、こちらはCtrl+Alt+oで起動する。

インクリメンタルあいまい検索で起動中のアプリケーションから絞り込んで切替ができる。先ほどの状態からbとタイプしたときの様子。マッチしたものをスコアが良い順に並べてくれる。

一発で切替というわけにはいかないけれど、Alt+Tab切替よりもかなり速いのでオススメ。

広告を非表示にする